2021年5月のつぶやき

 

 ・シノゴのチェキバックが本来届くべきだった5月がやってきた。3月末にロモグラフィージャパンから「発送が8月下旬に遅れます。ごめんね」みたいなメールが来て、ひざから崩れ落ちた。今だって首をながーくして、喉から手を出しながら待っている。むむむ、むか、っとしたけど辛抱強く待つことにする。それ以外に出来ることもないし。

 ・何千万画素の最新機種に高価なレンズで撮っても結局スマホの小さい画面で見る/見せるのは滑稽。なんだか落語みたい。壁が狭いから大きくプリント出来ない小話。「大きい家に引っ越した。やっとこれで新しいカメラを買える」みたいな。Twitterで共有するぐらいなら小さいデジカメやスマホで十分だよね。

 ・やっぱり4対3のアスペクト比はしっくりくる。実家のような安心感がある。あんまりシリアスじゃなくて、野暮ったい感じが良い。落ち着く。2対3がざるそばなら4対3はかけうどんって感じ。

 ・去年に比べると人出は多いらしい。去年は凄くて、都市から人が消えていた。三脚を担いで歩いた。確かにひっそりとしていて、映画のセットのようだった。『TOKYO NOBODY』の世界だった。でも常に画面から人を外して撮っていたのであんまり得るものはなかった。

 ・MAZDAさん「マツダ マツダスピード マツダ3」はまだですか?ロードスターは速く走るためのクルマじゃなくて楽しく走るためのクルマだと聞きますが、速く走るためのモンスターマシンも売ってください。マツダスピードアクセラを越える戦闘機を作ってください。

 ・立地だけでやっていけてるんだろうなって店あるじゃないですか。ほっといても客が来る、から値段の割にあんまり美味しくないような。なんかそういう店って良いよね。昭和の頃は「まずい飲食店」は多かったらしい。コンビニやファミレスが今ほど(多く)なかったとか色々理由があるんだろうけど、そのうちまずい店も絶滅するんだろうね。立地だけでやっていける店やりたいな。ピラフは出すつもりです。

 ・限定販売の「キャスター・プレミアム・バニラ・5・ボックス」を吸った。ウィンストンキャスターではなくてキャスターという銘柄を手に出来る、という小さなしあわせがあった。味香りともに甘さが濃い。フィルターにまで味がついていて、ピースの上品なバニラとは段違いの(人によってはくどいと感じるほどの)濃厚さ。けどタバコそのものは軽くて吸いやすい。キャスターマイルドのCM、「軽さが、心地いい」のフレーズを思い出した。

 ・そういえば漫画『ちひろさん』を読み切ったんだった。飄飄とした主人公ちひろさんのスキゾイドパーソナリティ感にシンパシー。自分がピンとくる物事(自分の好み)をよく知っていること、楽しみ方をよく知っていること、は大切なことだよな。と改めて思った。

 ・そういえば「ヤマザキ春のパン祭り」に参戦したんだった。3月4月のことです。好物の「ケーキドーナツ」を中心に、「まるごとソーセージ」「アップルパイ」などの顔見知りに手を出し、数年ぶりの「大きなハム&たまご」「大きなメンチカツ」で胃を痛め、「デニッシュブレッドマイルド」にも初挑戦した。点数シールはデイリーヤマザキで売ってるおにぎりやお弁当にも貼られていることを知った。それからお皿は裸で渡されることも。

 ・時々する妄想。時間が止められたらなって思う。時間止める道具なり能力なり得たら何に使いますか?私はやりたいこと決まってて。寝る。好きなだけ寝て、起きてスッキリしたらまた世界を流れるようにしたい。毎日6時間だけ時間を止めるなら1日を他の人より1.25倍多く使えることになる。毎日他の人より6時間多く生きることになると、一年だと365日8760時間に加えて2190時間多く生きることになり、4年で5年分老けることになる。生まれたときからこのズルするとすれば、書類の上では20歳、40歳、60歳、80歳でも肉体は25歳、50歳、75歳、100歳になってしまう。このデメリットを受け入れられるか。……まあ全然受け入れられるよね。

2021年4月のつぶやき

 

 ・「今年の4月はまだ寒くて春が来てない」を聴きたくて佐々木期ピチカート・ファイヴをかける。アルバム『カップルズ』はシルクのようなサウンドで、リリースから30数年たったが未だに美しい。古臭さとか昭和臭さは極めて希薄。初めて聴いたピチカートが『皆笑った』だった。最初のギターの「ジャラーン……」を聴いた瞬間に心を打ちぬかれた。

 アルバム『カップルズ』より前の打ち込み主体の楽曲は無機質でどことなく不気味。でも好き。「オードリー・ヘプバーン・コンプレックス」もやっぱり不穏。のっけからFMグランドピアノがガジャガジャ鳴って歌詞通り頭が割れちゃいそうな雰囲気。怖い。シリアス通り越して何やらただならぬ感じがある。野宮期の躁的な弾けっぷりと対比するとこの頃は憂鬱で、そこがまたよいです。


 ・めぞん一刻の管理人さんが好き。暴力系ヒロインって言葉があったけど、普通に昭和特有のガチ暴力振るってるのがヤバくて好き。思い込みとか思い違いとかで嫉妬したり拗ねたりキレたりする話が多い。めちゃめちゃめんどくさい女なの管理人さんは。

 自分の見間違いでブチ切れて、ウサ晴らしに入ったパチンコで大勝ちして、手に入れた缶詰を帰り道に会った五代君に投げつけるエピソードが一番好き。「あたしがなにしようとっ、あなたには関係ないでしょーっ!!」って缶詰ぶん投げるの。

 

 ・脳の違う部分を使いたくてクロマチックハーモニカを始めました。口寂しい時とか、意識的に呼吸をしたい時とか、カーペンターズの『Rainy Days and Mondays』のイントロが急に聴きたくなった時とか、に舐めて凌ぐつもり。

 クロマチックハーモニカは興味深くて。しばらく触って、#を足す楽器だと感じた。クロマチックハーモニカの世界では♭は息を潜めている。ある穴を吹いて出た音(例えばド)から上がるにはレバーを押しつつ吹く(ド#)、吸う(レ)、レバーを押しつつ吸う(レ#)、という選択肢がある。一方、その音から下がる(シ以下)には左隣の穴に移らないといけない。

 正直に言うと今まで、あの黒鍵を見てレ#だとか、あの黒鍵を見てラ#だとかあんまり思わずにあんまり言わずにやってきた。ゆっくり丁寧に練習していこう。いつか口笛や鼻歌ぐらい自在に操れるようになりたい。

女子供には分からない

 

 「女子供には分からない」って危険だよね。自分が成人男性ってだけなのに民を選しちゃう思想に片足突っ込んでる気がするんだよ。なんかこう”通”みたいな気分になっちゃう。女子供はさ……って口に出す行為は自己演出に加担してしまうし、ともすれば酔えちゃう。*1

 「犬猫畜生」って言い回し、汚い言葉だと知ってて言葉遣いを悪くしたくて使うことがある。好きなんだけどもうダメだね。たぶん眉ひそめられる。令和では死語。そのうち、使っちゃダメな言葉になる。いや多分もうどこかではダメになってるはず。「女子供」も同様に令和生まれが成人するころには消えてるでしょうな。それが”良い”社会なんだと思う。今でさえ息苦しさがある2021年を振り返って昔は良かったよな~って懐古する人も出てくるはず。でもその2021年においてでも、おおらかさの陰や裏側で泣いてる人はいるんだよね。

 「女子供には分からない」がさ、矜持じゃなくて心の拠り所みたいになっちゃうと男はいよいよ哀れな生き物に堕すると思うんだよね。”吉野屋コピペ”ぐらいだったら可愛いけど。でも、悲しいかな「男にしか分かんねえよなこれは」に依る/拠るしかないところもあって。自己存在の悲しみ、男特有の弱さあるいは生きづらさみたいなものを、ほかの人に対して7:自分に対して3、感じざるを得ない。

 たぶん多くの人に当てはまることだと思ってるんだけど自分を慰めてくれるのって自分しかいない。もっと言うと男に「ただあなたはいてくれるだけでいいんだよ」「生きてるだけでいいんだよ」って声をかけてくれる人って基本的に母親だけだと思うんだよね。*2

 その母親が言わなかったら基本的にもう詰みですわ。当人が自分に言い聞かせるしかない。あるいは無敵の人化。*3 そうやって無敵になった人、そういう生き方見てると「へっ、女子供にゃあ分かんねえよ」とか宣うぐらい容認、とまではいかなくても放置、せめて攻撃しないであげる、ぐらいしてあげてもいいんじゃないかって思いますけどね。

 とかってなんだか何となく、他人事みたいな語り口だけど。息をするように自己韜晦の私も多分もう何段階か追い込まれて色々なことが見えなくなって、代わりに色々なものが見えちゃうようになると堕しちゃうんだろうな~。男であるということだけが自分の誇れる点、って生き物に。有り難いことにそこまで行ってないけど気を付けたい。せいぜい愛を振りまいて、それからたまに投げ返される愛を胸で受け止めて生きますわ。

 ここまで読んでくれたあなたにもサンキュー。ラブアンドピース。「ココロとカラダ、にんげんのぜんぶ、オリンパス」、当サイトはOMデジタルソリューションズ株式会社を応援しています。

 

 

 

 

 

*1:この記事ではわざと「子供」と表記しています

*2:女の人もそうなのかもしれないけど自分は女の人じゃないので分からん。そうともそうじゃないとも言えないので何も言いません。

*3:「なつき度」が進化に関わってくるポケモンいるけど、自分と家族と社会に対して「なつき度」が最悪のまま歳取ったせいで無敵の人に進化しちゃう人間もいる。進化というより、たまごっち放っといたら「にょろっち」になっちゃった~、って例の方が適当かも。読まれてから書くけどこの注釈は完全に読まなくていいです。

理想の死に方

 

 チャーシュー麺と天津炒飯*1を吸い込んでから帰宅し、ソファに寝転がると、血糖値上昇由来の急激な眠気に襲われる。すさまじい勢いで薄れゆく意識の中、「炭水化物×炭水化物だったな……ラーメンじゃなくてレバニラないしバンバンジーにするという選択もあったよな……」などと振り返りをする。そして眠ってしまう。眠りが最深レベルに到達した時点で、オバケに魂をひょっと抜いてもらう(あるいは悪魔に命の火をふっと吹き消してもらう)。これが私の理想の死に方だ。全てを許し全てに赦されたような、穏やかな、少し口元に笑みをたたえた、最高の死に顔をしていることだろう。

 

 写真は天下一品のラーメン。どうしようもない食べ物です。

f:id:artexhibikion:20210402223101j:plain

 

 

 

*1:こってりラーメンと唐揚げ+ライスでもいいな

高カロリーなアニソン

 

 『涼宮ハルヒの憂鬱』という作品にどハマりしていた。原作のライトノベルを読んでいた多感な時期にちょうどアニメの一期の放送が始まった。その頃に世に流れていたアニソン、アニソンっぽい楽曲も今となっては——いや今とならなくても当時から——どうしようもなく恥ずかしい。だがそれでも古い友人のような親しみがある。

 『創世のアクエリオン』。本編1秒も見てないけどオープニングは300回は間違いなく聴いた。サビ前の歌詞が「祈りやらしながら生まれてきた」にしか聞こえなくて、まあそんな訳ないだろ、と思ったまま何年も放置していた。今調べたら「祈り宿しながら生まれてきた」だった。

 

 あの頃はそういうアレンジが流行っていたのか、トランスっぽい楽曲をよく耳にした。*1

 自分の中では茅原実里の『純白サンクチュアリィ』がその代名詞だ。これぐらいしかちゃんと知らないということもある。名曲だ。「サンクチュアリ」ではなく「サンクチュアリィ」なのがこだわりポイントなんだろう。


[Official Video] Chihara Minori - Jyunpaku Sanctuary - 純白サンクチュアリィ

 

 シンセがこれでもかと盛られたカロリー過多の、ややアップテンポな楽曲である。あまりにもノリノリで情報量が多くてゲラゲラ笑ってしまう。やっぱりシンセの音とかが恥ずかしい。時代を感じる。大好き。絶対に葬式で流して欲しい。トランス系のビートを土台にしていて、EDM定番の(刻みが半分半分になっていく)スネアロールのフィルが酷使されている。文字通りの酷使である。

 0:25~0:28のリバースシンバルからキックのコンボでまずハートをわしづかみにされる。この「ドーン……」は分かってても笑ってしまう。疲れてると大声を出す芸人の大声で笑ってしまう事態に近い。

 ところどころで美味しい役割をもらっているバイオリンが良い。敷き詰められた電子音に埋もれることなく、楽曲にスケールの広さと切なさ、真に迫った印象を加えている。この『純白サンクチュアリィ』が他の凡百のトランス系オタク楽曲と一線を画しているのは、このバイオリンのおかげだろう。知らんけど。

 

 

 

*1:当時は『only my railgun』が至るところで流れていた気がする。こちらもアニメ本編は見なかったけど聞き覚えがある。やっぱりこういう曲はオタクが何万もするイヤホンないしヘッドホンで聴いてそうで良い

2021年3月のつぶやき

 

 ・ずっと欲しかったけどキッカケがなくて見送り続けていた物品を買った。「もっと早く買えばよかった」と思った。そう感じる買い物は大正解。

 ・三菱・ギャラン(8代目)が野ざらしになって置かれていた。大好きなクルマだ。まだ走るのだろうか。売ってくれるのだろうか。いくらなんだろう。北野映画の『HANA-BI』に出てくるスクラップ屋のおやじみたいな人がぬっと出てきて、邪悪な笑顔で「おう、持ってけ持ってけ」と、タダでくれることを思いえがいた。

 ・食器やカトラリーも無限に欲しくなって危険。口はひとつ、手はふたつしかないのでそんなにいっぱいあっても仕方ない。ベトナム人は顔を洗った洗面器でご飯も食べるみたいな文章をいつか読んだ。生活はそれぐらいのユルさでいいのかもしれない。

  ・”シノゴのチェキバック”の発送が8月下旬に遅れるというメールが来た。憤る。まあいいか、待とう。待つしかない。ほんと頼むよロモグラフィー……

 

 ・Netflixを解約した。倦怠期。観たくなったらまた再登録すればいいかなって。画面の前で2時間じっとしていられなくなったし、新しい映画を観ることになんだか耐えられなくなった。『涼宮ハルヒの憂鬱』『水曜どうでしょう』『リラックマとカオルさん』なんかをBGMがわりにヘヴィローテーションするだけのサイトになっていた。

 Netflixは「『ダイハード』は無いけど『ティアーズ・オブ・ザ・サン』は置いてるレンタルビデオ屋さん」って感じで、絶妙に偏ったラインナップと、検索画面で配信してない作品名もサジェストしてくれるのがチャーミングだった。それから、やけにオリジナル作品を押してくるところも。提供されているプログラムが消えちゃう(つまり配信作品が入れ替わる)のが一番困るところで、例えば『ハート・ロッカー』も大好きな映画だったのに公開期間が終わってしまった。

 芸術映画もそれなりに充実していて、写真映画だと『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』とか『ビル・カニンガム&ニューヨーク』、『HOMME LESS』みたいな単館系映画も供給してくれるのが嬉しい。最初のふたつは消えちゃったけど。

 

 ・生まれて初めてのことに挑戦しようと、「ヤマザキ春のパンまつり」に参戦した。「ケーキドーナツ」をよく食べるしお皿ぐらいすぐに貰えるだろうと高をくくっていたが結構長い道のりだった。

 よく目にする「まるごとソーセージ」や「アップルパイ」などを楽しみ、数年ぶりの「大きなメンチカツ」「大きなハム&たまご」で胃がもたれたり、「デニッシュブレッドマイルド」とか食べたことないやつを買ってみたりしつつ、ようやっと28点集めて「白いスマイルディッシュ」を手に入れた。中々使い勝手が良さそうなお皿だった。

 新しく知ったことも多かった。食パンは値段の割に点数が多いこと、点数シールはデイリーヤマザキで売られているおにぎりやお弁当にも貼られていること、お皿は丸裸で渡されること(!)。

 

 ・「かみさんと二人暮らしで、後部席は荷物を置くくらいなので後部席のヘッドレストもとっくに捨てました。クルマを買って、すぐに捨ててしまったんですけど、これは問題でした。新車三年目の車検の時に業者さんに『このままでは通りませんよ』と言われてしまったんです。」(中崎タツヤ『もたない男』より)

たばこ話、私煙草史

 

 非喫煙者なんだけど、たまーに吸いたくなって買ってしまう。吸うとやっぱり気分がほぐれてしまう。タバコ世界に触れる頻度が低いので毎度プチ浦島太郎状態になる。数年間吸わなかったブランクの後は、えげつない値上げとラインナップの改廃に驚いた。この時はすごく浦島太郎だった。

 未だにタバコをとりまく認識がある頃で止まっているので、「ゴールデンバット」にはフィルターが無いと思っているし(ある時にフィルターがついて、やがて販売終了して、そのうちリトルシガーとして生まれ変わった)、「メビウス」って何だよと毒づき、復活した「キャメル」には白と黒の2種類しかないと思っている。それから今でもウィンストンになるまえのキャスターの方がうまかったと思い込んでいる(中身は変わってないらしいけど嘘だと思う)。

 

 大学に入るまでそして入ってからは基本的に「アメリカンスピリット」、いわゆるアメスピ、の黄色(ライト)を常用していた。これもおいしいタバコで。なんというかヘンなクセがない。エグみや酸味は少なく吸いやすいのに味が濃くてうまい。濃いゆえ服や何かにしっかりと臭いがついてしまう印象がある。燃えるのがゆっくりなので、人と一緒に吸い始めると自分が待ってもらうことになる、という”あるあるネタ”を持っている。味によってパッケージの色が違ってて楽しい。ゴールドというのが新しくリリースされたとき愛飲している黄色と区別がつきにくかったのを覚えている。

 自分の中でアメスピのカラフルなラインナップはBOSSのコンパクトエフェクターと通ずるところがある。例えばアメスピの「ライト」はオーバードライブ、「ウルトラライト」はディストーション。「アガット」がディレイで、「オーガニックリーフONE」はフランジャー、「オーガニックミントウルトラライト」はフェイザー、「ターコイズ」はビブラートというように、あるいみ共感覚じみた捉え方をしている。

 そのアメスピには個人的にとても厄介なところもあった。こちらが断煙した時に限って、しばらくするとオマケをつけて売るキャンペーンが始まるのだ。自分はその手のノベルティに弱いのでついつい買って、また喫煙者に戻ってしまう。そういうことが3,4回あった。布製のタバコケース、缶のタバコケース、ライター、キーホルダーなどなど。人間の意思の弱さというのはこの辺りにある、と思うのは私だけだろうか。

 

 今の自分の喫煙スタイルには「ショートホープ」が合っている。本数が少なくて、かつ一本が短いのが良い。もっとこの様式のタバコが増えて欲しい。自分にとってタバコは最初のひと口ふた口が一番うまくてあとは惰性なので *1、2,3回吸えればそれでいい。フィルターの際際まで吸う人がいるが自分はそのタイプではない。フィルターぎりぎりまで吸うのは何というか、美学というか”おれルール”にも反する。指にも良くない。神経や精神がささくれだってない限りそんなにパカパカ本数吸うこともないのでひと箱あたり10本で充分。もっと言うならバラ売りしてくれるのが一番助かる。一本数十円で買ってその場で吸ってリフレッシュしたい。タバコの何がイヤって荷物になることだ。ソフトしかない銘柄だと潰れて葉っぱがこぼれたりする。

 

 自分の知る限り最も味が優れていて、そして好きな銘柄は「ザ・ピース」。これは発売された頃から知っていて、曖昧だけど販売開始から一週間しないうちに吸った記憶がある。薄くてぴっちりしたアルミか何かで出来た封をペリペリと開けたときの香りは素晴らしかった。そして最初の一口目を吸って思わず「うまっ!」と声が出たのを覚えている。普段のタバコがプリウスとかシエンタだとすると「ザ・ピース」はレクサスLS。この銘柄だけは「”タバコとして”美味しい」の範疇を越えて、ハンバーグとかオムライスに並ぶ美味しさだと思う。タバコ吸わない人もどこかでぜひ一度、火をつける前の、箱を開けたときの匂いを嗅いでみて欲しい。複雑で奥深い、何ともいいようのない芳醇さがある。

*1:ビールにも同じこと思う。ま、私お酒飲みませんが